イイハナシダナー

イイハナシダナー な いい話を集めてみました

*

北海道日本ハムファイターズ 瀬川隼郎(28)

      2015/04/06

北海道出身の遅咲きの選手ですが、
ドラフト会議でのエピソードが泣けすぎます。

プロ野球新人選択(ドラフト)会議で指名を待つ28歳という
プロ野球選手としては遅咲きの苦労人がいた。
瀬川隼郎。北海道の社会人クラブ「室蘭シャークス」の左腕投手だ。
平日は早朝から出勤し、
特殊な熱処理で金属の強度を検査する仕事を担当している。
仕事と野球の二足のわらじをこなして10年がたった。

隼郎は父・和郎と母・元美の二男として札幌市で生まれた。
兄と妹を含め5人家族の幸せな家庭を突然不幸が襲った。
母に悪性乳がんが発見されたのだ。
「5年生きられるのは半分」と医師から宣告された父は
「精神的なショックを配慮し、本人にはむろん、幼い子どもたちにも事実を言えなかった」という。
家族でたのしい時間を過ごせる最後のチャンスと見た父は、
みんなをディズニーランドに連れて行った。
その2か月後の1995年1月13日に母は34歳の若さで逝った。隼郎は8歳だった。

隼郎が野球を始めたのは小学4年の時だ。
父が全力でバックアップし、
育ちざかりの子どもたちのために弁当や夕食を作った。

その頃のことを父は
「丼物ですよ。カツ丼とかオムライスとか。バランスもへったくりもなかった。
うまくなくても愛情がこもっていればいいんですよ」と語る。

「なんでもおいしかったです。お弁当すべてがおいしかった」という隼郎は、
2年前に3歳年上の泰葉と結婚し、10か月の息子、壮介の親となった。
父の苦労が実感として分かる立場になったのだろう。

ドラフト会議を控え、
その父から20年前に母が幼い隼郎あてに書いた手紙を初めて渡された。

そこにはこんな言葉が綴られていた。

「はやおはどんなおとなになるのかなー いっしょにいたかったなァー
いつもとおくからみまもっているいからね
びょうきやケガをしないようにまもってあげるからね じゃね バイバイ」
http://www.j-cast.com/tv/2014/10/23219061.html?igred=on

無事プロ入り後1軍で機会を与えられ、

オープン戦ではハム瀬川1回1失点、ほろ苦1軍デビューも収穫あり
[2015年3月14日17時12分]

<オープン戦:DeNA3-2日本ハム>◇14日◇横浜
ドラフト5位のオールドルーキー、
日本ハム瀬川隼郎投手(28=室蘭シャークス)
がほろ苦い1軍初マウンドとなった。
1点リードの7回に2番手でオープン戦初登板。
1死からバルディリスに、
この日最速の146キロ直球を左翼席へ運ばれ、同点ソロを献上。
2死から柳田に四球を与えたが、後続は断った。
(日刊スポーツ:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1446753.html

4/5現在では、1軍で3試合2回1/3を投げて自責点0。
中継ぎとして、このまま活躍しつづけてほしいです。

 - スポーツ, 親子

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした

  プロフィール  PR:無料HP  米沢ドライビングスクール  グラフィックデザイン 専門学校  ショーワ  タイヤ 選び  タイヤ ノート 新品  東京 専門学校 理系  中古エアロパーツ  天然石ブレスレットの通販  業務用食品  TMJ投資顧問 評価  タイヤ 履き替え 富山市  セキスイのリノベ